おまとめローンは総量規制対象外になる!審査通過率を上げるコツも解説

今月の支払いをなんとかしたいけれど総量規制でこれ以上借りられない、という悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

おまとめローンは総量規制対象外のため、年収の3分の1まで借り入れがある人でも申し込むことができます

とはいえ、おまとめローンの審査が甘いわけではなく、どの金融会社を利用するかによって通過できるか決まります

この記事では審査に積極的なおまとめローンと、通過率を上げるコツを具体的に解説しています。

今月の支払いに間に合うように、自分に合ったおまとめローンを選んでいきましょう。

おまとめローンは総量規制対象外で借り入れができる

パンフレット

おまとめローンは総量規制対象外であり、年収の3分の1以上の借り入れが可能です。

そもそも総量規制とは何かというと、年収の3分の1以上の借り入れを規制する貸金業法上のルールのことです。

Q2-1.総量規制とは何ですか?

A2-1.借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられた新しい規制です。具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たな借入れはできなくなる、という内容です。

基本的に貸金業者からの借り入れは総量規制の対象ですが、中には例外もあります。

例外になるのは、利用者の生活を援助するための以下のような貸し付けです。

  • 顧客が一方的に有利になる借換え(いわゆるおまとめローン)
  • 借入残高を段階的に減少させるための借換え(いわゆるおまとめローン)
  • 緊急に必要な医療費
  • 緊急に必要と認められる費用(10万円以下、3か月以内に返済)
  • 配偶者と併せた年収3分の1以下の貸し付け
  • 個人事業者への貸し付け
  • 金融機関からの貸付けを受けるまでのつなぎ資金(1か月以内に返済)

参照元: 「総量規制が適用されない場合について」日本貸金業協会

おまとめローンは顧客が一方的に有利になる借り換えに該当するため、総量規制に関係なく借り入れができます。

銀行と消費者金融のおまとめローンがありますが、消費者金融のほうが審査に積極的で申し込みのハードルが低いです。

銀行はすべてのローンが総量規制対象外

パンフレットとローンカード

銀行で取り扱うローンは、全て総量規制の対象外です。

総量規制は貸金業法上のルールであり、銀行法に則って運営している銀行には当てはまりません。

しかし銀行は過剰融資を問題視された過去があり、年収の3分の1以上の貸し付けを自主規制しています

過剰融資が銀行業界の自助努力で収まらなければ、貸金業者のような総量規制も現実味を帯びる。消費者金融に対する銀行カードローンの強みを失うことになるだけに、「規制強化の動きが顕在化する前に対策を進めたい」(大手銀幹部)ところだ。

次に問題が起こると総量規制のように法的な規制を受ける可能性が高いため、銀行は審査基準を厳格にし、貸し付けを控えています。

特に貸し倒れのリスクが大きいおまとめローンは、そもそも取り扱っていない銀行も多いです。

おまとめに対応している数少ない銀行は、以下のとおりです。

【おまとめに対応している銀行】

いずれの銀行も審査基準が厳しいうえ融資まで1〜2週間ほどかかるため、おまとめローンとして利用するのは得策ではありません。

中でもろうきんは申し込み条件が最も厳しく、審査の難易度はトップクラスです。

ろうきんのおまとめローンについて詳しく知りたい人は、以下の記事で解説していますので参考にしてください。

消費者金融でも総量規制以上借りられる

ローンカード

貸金業者である消費者金融でも、例外貸付であるおまとめローンなら総量規制に関係なく借り入れできます

アイフルのおまとめローンであるかりかえMAXの商品説明にも、年収の3分の1以上でも審査可能だと明記されています。

本商品は、貸金業法に規定される「個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約等」に該当し、貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号または第1号の2に基づく商品です。
現在のお借入が年収の1/3を超えている場合でも審査可能です。)

総量規制ギリギリまで借り入れがある人も、おまとめローンなら総量規制以上の借り入れができるので安心ですね。

消費者金融は、審査スピードの迅速さや審査通過率の高さが大きな魅力です。

大手消費者金融の借り入れまでにかかる時間と審査通過率は、以下のとおりになります。

審査時間 審査通過率 即日融資
アイフル 最短30分 48.2%
アコム 最短30分 44.6%
プロミス 最短30分 45.9%

審査時間は最短30分で即日融資にも対応しているため、今月の支払いにも間に合います。

銀行のおまとめローンの通過率が約20〜30%であることを踏まえると、消費者金融の通過率は圧倒的に高いです。

おまとめローンに申し込むなら、審査通過率の高い消費者金融を選びましょう

結局どこのおまとめローンがベスト?人気の商品を比較

おまとめローンは消費者金融を選んだほうがいいことはわかっていても、具体的にどの商品を選んだらいいかわからない人も多いのではないでしょうか。

消費者金融には大手企業と中小企業があり、審査通過率が断然高いのは大手企業です。

大手企業は利用者が多く資金的な余裕があるため、中小よりも審査に融通を利かせてくれる余地があります。

今回は大手消費者金融5社のおまとめローンを比較しました。

商品名 金利 期間 限度額
アイフル かりかえMAX 3.0〜17.5% 最長10年 800万円
プロミス おまとめローン 6.3〜17.8% 最長10年 300万円
アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン 7.7〜18.0% 13年7ヶ月 300万円
モビット (取り扱いなし)
レイクALSA (取り扱いなし)

おまとめローンを利用する時に最も重視すべきポイントは、金利の低い消費者金融を選ぶことです。

現在の金利よりも低金利の商品を利用すると、毎月の支払額を少なく抑えられるからです。

初めて利用する時には上限金利が適用されることが多いため、上限金利が低い商品を選ぶと確実に金利を下げられます。

とはいえ、借り換えを検討している先の上限金利が現在の金利よりも高く、返済額が増えてしまうのではないかと不安に感じている人もいるかもしれませんね。

政府は借り換え後の金利に対して以下のように定めているため、金利が現在よりも高くなることはありませんので安心してください。

(1)総量規制に抵触している者の借入残高を段階的に減らしていくための借換えの推進
(中略)
② 金利
● 「借換後」の金利が「借換前」の金利を上回ることがないようにする。なお、複数の債務をまとめる場合、「借換後」の金利は、「借換前」の金利を各債務の元本で加重平均した金利を上回らないこととする。

おまとめローンの取り扱いがある3社の特徴についてそれぞれ解説していきますので、申し込みの参考にしてください。

アイフルならどこよりも低金利でおまとめできる

自動契約機

商品名 金利 期間 限度額
アイフル かりかえMAX 3.0〜17.5% 最長10年 800万円

アイフルのおまとめローンであるかりかえMAXは、3社の中で最もおまとめに向いています

上限金利が17.5%と他社よりも低く設定されており、毎月の支払額を下げられるからです。

最低金利も3.0%と3社の中で最も低く、他社と比べて3.3〜4.7%もの差があります。

金利以外にも、アイフルのおまとめローンには複数の利点があります

  • インターネットから申し込める(他社は電話か店頭申し込みに限定)
  • 大手の中で唯一、銀行からの借り入れもまとめられる
  • 限度額が800万円のため、高額のおまとめにも対応できる
  • 返済日が自由に設定できる(給料日後など)

アイフルは銀行傘下ではない独立系の会社で、親会社の意向に左右されず独自の基準で審査できるため通過率が高くなります。

返済日は自由に決められるうえ、変更する場合もアプリから簡単におこなえて使い勝手が良いです。

おまとめをするなら、金利面でも使い勝手の面でもアイフルのかりかえMAXが断然おすすめです。

三井住友グループをメイン使いしている人向けのプロミス

自動契約機

商品名 金利 期間 限度額
プロミス おまとめローン 6.3〜17.8% 最長10年 300万円

三井住友フィナンシャルグループの完全子会社であるプロミスのおまとめローンの上限金利は、カードローンと同じく17.8%です。

全体的に可もなく不可もなくといった印象ですが、返済日の融通が利かないのが大きなネックです。

返済日
三井住友銀行またはジャパンネット銀行 5、15、25、末日のいずれか
上記2行以外 5日のみ

返済日が給料日から離れている場合は返済金額を確保しておかなければならず、管理が面倒です。

万が一残高不足になって返済が滞ると信用情報に傷がつき、今後のローン審査にも悪影響が出る可能性があります。

三井住友銀行やジャパンネット銀行を、日常使いしている人向けのおまとめローンといえます。

返済期間の長さが特徴のアコム

自動契約機

商品名 金利 期間 限度額
アコム 貸金業法に基づく借換え専用ローン 7.7〜18.0% 13年7ヶ月 300万円

アコムの借り換え専用ローンは、返済期間が13年7ヶ月と長く設定されているのが特徴です。

返済期間に余裕を持ちたい人にとっては、気になる商品ではないでしょうか。

ただし日本最大級の金融会社であるMUFJグループに属しているため、貸し倒れのリスクが高いおまとめローンの審査には消極的です。

借り換え専用ローンについて詳しく知りたい人は、以下の記事で解説していますので参考にしてください。

モビットとレイクALSAでは総量規制以上借りられない

自動契約機

大手5社の中で、SMBCモビットとレイクALSAはおまとめローンを取り扱っていません

SMBCモビットはカードローンに特化した金融会社であり、利用できるのは通常のカードローンのみです。

レイクALSAは以前、貸金業法に基づく完済応援プラン(借換えプラン)というおまとめローンを扱っていましたが、2019年3月26日に受付を停止しました。

賃金業法に基づく完済応援プラン(借換えプラン)お申込み受付停止のお知らせ

平素よりレイクALSAをご愛顧いただき誠にありがとうございます。
2019年3月26日をもちまして、貸金業法に基づく完済応援プラン(借換えプラン)のお申込み受付を停止いたします。

通常のカードローンは総量規制の対象になるため、おまとめローンとして利用するのは極めて難しくなります。

複数の借り入れを一本化したい場合は、おまとめローンを取り扱っている消費者金融に申し込むのがベストな選択です。

おまとめローンの審査が不安な人必見!今すぐできる通過率を上げる方法

おまとめローンに申し込むのが初めてで、審査に不安を抱えている人もいるのではないでしょうか。

おまとめローンの審査基準は、基本的にカードローンと同じです。

【おまとめローンの審査基準】

項目 ポイント 重要度
年齢 20歳以上60歳未満である ★★★★★
収入 毎月1回以上の定期収入がある ★★★★★
雇用形態 正社員だと多少有利
(アルバイトでも定期収入があれば問題なし)
★★
他社の返済状況 遅滞なく返済していること ★★★★★
家族構成 家族と同居していると有利 ★★
居住形態 賃貸よりも持ち家が高評価 ★★
固定電話の有無 あると信用が上がりやすい

重要度の高い項目のポイントを押さえると、審査に通過しやすくなります。

また次の3つの方法を実践するだけで、さらに審査の通過率を上げられるためおすすめです。

  • 事前診断を利用して申し込みの判断をする
  • 同時に複数の商品に申し込まない
  • 口コミ評価が高い商品を選ぶ

それぞれの方法について詳しく解説していきますので、参考にしてください。

事前診断で申し込めるか判断する

申し込む前に事前診断を使って、融資してもらえるかどうかの判断材料にしましょう

アイフルでは1秒診断を使って、事前に融資可能かどうかを診断できます。

  • 年齢
  • 雇用形態
  • 年収
  • 他社借入金額

上記の4つの項目を入力して診断開始ボタンをクリックするだけで、すぐに結果が出ます。

表示される文言
融資可能な場合 ご融資可能と思われます。
不明な場合 ご入力いただいた情報だけではお借り入れ可否を判断できませんでした。

他社でも同様のサービスをおこなっていますが、どこよりも早く結果がわかるのはアイフルの1秒診断です。

審査基準の目安になるため、申し込み前にはぜひ活用しましょう。

同時に複数の商品に申し込まない

ローンカード

気になる商品が複数あったとしても、同時に申し込むのは避けましょう

お金に困っている印象を持たれて、審査に不利になってしまいます。

自分がお金を貸す立場になって考えるとわかると思いますが、いろんな人にお金を貸してほしいとお願いしている人に良い印象は持てないですよね。

返済してもらえるのか不安になり、貸したくないと思うのではないでしょうか。

審査担当者も、同じように判断します。

審査時には必ず信用情報を取得するため、いつどこで申し込んだか全てわかってしまいます。

信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日どおりに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報があります。

同時に申し込んで審査が早い商品に決めたいという気持ちもあるかもしれませんが、ひとつの商品の審査結果が出てから次の商品に申し込むようにしましょう。

急いでいる時でも、消費者金融なら最短即日で審査結果がわかるため安心です。

口コミ評価が高い商品を選ぶ

意外と重要なのが、口コミ評価が高い商品を選ぶことです。

商品を買う前に、既にそれを購入した人の口コミ(商品レビュー)を参考にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

同じようにおまとめローンの経験者の口コミ評価が高い商品を選ぶと、審査通過の確率を上げることができます

とはいえ、自分で口コミを比較するのは手間がかかりますよね。

今回は消費者金融のおまとめローンの中から、最も口コミ評価の高い商品をピックアップしました。

口コミで最も評価が高いのはアイフルのかりかえMAX

数あるおまとめローンの中でも、最も口コミ評価が高かったのはアイフルのかりかえMAXです。

独自調査で集めた、利用者の生の声を紹介します。

男性(32歳/会社員/年収400万円/他社借入額120万円)

3社から40万円ずつ、合計120万円の借金がありました。
生活費が足りなくなった時に気軽に借りていたら借りすぎてしまい、毎月の返済額を用意するだけで精一杯でした。
アイフルのかりかえMAXは金利が低かったのが決め手でした。
希望額の120万円、金利15.0%で審査に通り、毎月の支払額が減りました。

女性(44歳/公務員/年収360万円/他社借入額100万円)

4社から合計100万円の借り入れがあり、銀行でのおまとめも検討しましたが立て続けに断られて途方に暮れていました。
ダメ元でアイフルに申し込んだら、金利15.0%で融資額は100万円の条件で通りました。
審査から融資までは1時間半くらいでした。
引き落とし日が月1回になったのもよかったです。

女性(28歳/派遣社員/年収250万円/他社借入額80万円+リボ払い30万円)

エステ代や脱毛代で、気がつくと借り入れが80万円まで膨らんでいました。
どうしてもお金が足りなくてリボ払いにも手を出し、お給料はほとんど返済と生活費に消えていきました。
とにかく毎月の支払いをなんとかしたくて、かりかえMAXに申し込みました。
そしたらその日のうちに連絡がきて、110万円から100万円に減額されましたが審査に通りました。

男性(55歳/会社員/年収550万円/他社借入額180万円)

子供の大学入学のタイミングが重なり、入学金のためにやむを得ず2件から90万円ずつ借金をしました。
18.0%という高金利で毎月の支払いに追われていた中、知人からアイフルのおまとめローンの話を聞いて申し込みました。
希望額の180万円で審査に通り、申し込んだ日に融資までしてもらえました。
金利も12.0%まで下がり、毎月の支払いがかなり楽になりました。感謝です。

アイフルの口コミ評価の内容をまとめると、以下のようになります。

  • 最短で即日融資が可能
  • 希望額に近い金額を借りられる
  • 金利が下がり、毎月の支払額が減る
  • 総量規制以上の金額を借りることができる
  • 他社借り入れ件数が多くても融通が利く
  • 銀行から断られた人の審査にも積極的

これだけ多くの評価を受けるおまとめローンは、他にありません。

申し込みから融資までネット完結できるため、忙しい人や家族に借り入れがバレたくない人にもぴったりです。

おまとめローンで悩んだら、まずはアイフルに相談してみましょう

【アイフルかりかえMAX概要】

金利 3.0〜17.5%
貸付期間 最長10年
限度額 最高800万円
申込年齢 20歳以上69歳未満
申込方法 インターネット
来店の必要 なし
審査通過率 48.2%
返済方式 元利定額返済方式
保証人 不要
担保 不要